Archive For 2015年8月7日

電動工具初心者が気をつけたい3つのポイント

初心者が手にしやすい電動工具とは?

電動工具をご存じでしょうか。ドライバーやノコギリなど、手で動かして使う工具を電力で動かせるようにしたもので、手動のタイプとは比べものにならないくらい作業効率が違います。こうした道具は、工務店に勤務される方などに向けた業務用の道具だと思われがちですが、一般人でもかなり役立ちます。初心者におすすめの電動工具はドライバーです。ドリルドライバー、インパクトドライバーなどの名称で売られていて、ちょっとした家具の組み立てなどに威力を発揮します。力の弱い女性にも向いていますよ。

コード式とバッテリー式、どちらを選ぶ?

どのような電動工具であれ、動かすときには必ず電力が必要です。一般的な家電と同様に、ケーブルをコンセントにつないで電力を確保するタイプと、充電式のバッテリーを装着して利用するタイプの2つがあります。プロの世界では、バッテリー式がよく使われています。ケーブルがないほうが取り回しがよく、使う場所を選ばないためです。ケーブル式はバッテリー切れの心配がなく、販売価格も比較的安いメリットがあります。初心者はどちらのタイプを選んでもかまいませんが、バッテリータイプの場合は予備バッテリーの購入手段も確認してください。

説明書はきちんと読もう

電動工具を初めて買うと、早く使ってみたいと思うものですよね。でも最初は少し我慢して、説明書をじっくりと読んでください。工具の使用方法や本体のボタン類の役割を把握できたら、本番の前に練習として何回か工具を使ってみてください。電動工具は作業効率を高める設計になっているため、工具の動作速度が速い傾向にあり、振動もあります。適切な速度で使用できるように慣れてから本番で使いましょう。これがケガを避けるポイントです。

何らかの理由で電動工具が必要でなくなったり、新しい工具を購入することになった時、電動工具の買取を利用すれば必要とする人に使ってもらえる可能性が広がります。

うつ病の病院選びは医師との相性で決めよう!

うつ病の際に助けてくれるのは気の合う医師

うつ病のになってしまった時、医師を選択するのは判断力もにぶっているためそう簡単に決められませんよね。近所で評判の医師のところに行ってみたけどなんだか違う気がするということもよくあります。では、どのようにして医師を選べば良いのでしょうか。実は簡単、医師と話をした際に話が合うかどうかです。雰囲気や話し声、話題のチョイスなど心療内科の医師は人柄がいちばん大切です。評判よりも自分自身がホッとできる、話やすい医師を選ぶことが心の健康への近道でしょう。

話を聞いてくれる医師は安心感がある

うつ病で弱っている時にせっかく病院に行ったのに医師があまり話を聞く姿勢じゃなかったなんていうこともありますよね。うつ病を治すのに大切なことは、自分の考えを医師に聞いてもらうことですよね。どれだけ辛いか、どういった症状なのか、何が原因だと思うのかうつ病は繊細な病気です。だからこそ、繊細な話題にも心を開いてくれる心の広い医師を選びましょう。薬の話ばかりする医師よりも、患者の話を聞いてくれる医師のほうが安心で信頼できますよね。

うつ病を早く治すには医師の助けがいちばん

うつ病を早く治すには相性のいい医師の助けと投薬による治療がいちばんです。では、相性のよい医師とはどういった医師でしょうか。やはり、直感で「この医師はいい先生だな」と思える医師かどうかも大事ですよね。自分との相性は自分がいちばん知っているものです。その上で生まれる安心感がうつ病を緩和させていく治療への近道と言えるでしょう。話をしやすい、落ち着く、雰囲気のいい医師を探してみましょう。話をしやすい医師の助けはいちばん心に安心感を与えてくれますよ。

うつ病かどうかの診断を受ける前に、うつ病チェックを行うセルフチェックシートがあります。これを用いることである程度の判断が可能です。